低血圧の症状を改善しましょう~フラッと改善方法~

サプリメントを利用する

ダイエット

加齢に伴い中性脂肪が増え、血中の悪玉コレステロール値が上昇すると、生活習慣病のリスクを増大させます。悪玉コレステロール値を下げるためには、善玉コレステロールを摂る必要がありますが、そのためにはDHAやEPAと呼ばれる魚介類に多く含まれる必須脂肪酸を、食品やサプリメントから摂取するのがオススメです。

Read More...

根本的な方法です

サプリメント

アトピーはそれまでステロイド剤での対処療法しかできませんでしたが、根本的に改善する方法もあり、特に乳酸菌を摂取することは最近人気の方法となっています。また、腐敗となり得る動物性たんぱく質などの食品を控えることも改善方法として挙げられます。

Read More...

サプリメントで血行促進

笑顔の男性

血液を押し出す力

血液は、血圧という力によって、血管内を流れています。血圧が高くなると、狭い血管内に強い力が加えられることになり、血管破裂などのリスクが高くなります。これを高血圧というのですが、その逆のパターンが低血圧です。低血圧になると、血液を押し出す力が弱まるため、全身が血液不足、つまりエネルギー不足の状態になっていきます。そのため体を動かしにくくなったり、立ちくらみを起こしやすくなったりします。体温が上昇しにくくなることから冷え性になり、それによってむくみが生じたり、不妊になったりすることもあります。逆に言えば、血流を良くすれば、これらのトラブルの予防や改善が可能になるということです。そのため多くの人が、血行促進作用のある高麗人参やプロポリスなどのサプリメントを飲んでいます。

血流の改善と体温の上昇

高麗人参には、サポニンという抗酸化物質が含まれています。そしてプロポリスは、ミツバチが分泌している液体なのですが、これにも高い抗酸化作用があります。これらを摂取すると、血液がサラサラとした状態になり、流れやすくなります。血液の質が改善されれば、低血圧の状態も改善されやすくなるのです。また、低血圧対策としては、ショウガやトウガラシを食べることも有効とされています。ショウガにはジンゲロールが、トウガラシにはカプサイシンが含まれていて、これらには体温を上昇させる作用があるのです。体温が高くなれば、低血圧による冷え性が改善され、体を動かしやすくなっていきます。ジンゲロールもカプサイシンも、食事からはもちろん、サプリメントからでも摂取できます。サプリメントなら、ショウガやトウガラシが苦手という人でもスムーズに摂取できます。

血流が不足した状態です

女性

低血圧はめまいや立ちくらみの症状を引き起こします。で朝起きられない、一日中なんとなくやる気が起きないといった状態も低血圧の典型的なものです。手足が冷えや肌が青ざめて見えるのも症状のひとつです。しかし、体温を上げることが改善につながります。

Read More...